セサミンのちから☆働きから賢く選ぶ☆

目的別に製品を選んで健康パワーを実感しよう!

セサミン.name
open3

必読

セサミンの働きや危険性など、飲む前に知っておきたいことを掲載しています。私の自己紹介や家族構成も記載しています。

open2

バランスが良い

家の大人組全員に好評だったのがこれです。 今でも基本的にこれを皆で愛飲しています。バランスが取れていて信頼できる製品ですね。

open1

若々しさ

若々しさを保ちたい方に家では特に高齢組(70代)が 気に入った製品です。毎日はつらつと過ごしたい方にオススメです。

open4

生活習慣

生活習慣が気になる方へこれからの生活習慣に備えたい中年組(40代)が、対策にピッタリと感じたのがこれ。仕事・勉強を 頑張りたい方にも。

画像

  • 大
  • 中
  • 小

セサミンと危険性の関係

セサミンといって思い浮かぶ食品は、ゴマが有名です。
その他にもセサミンは、ゴマ油にも含まれています。
セサミンを取り入れようと思ったら、他にはサプリメントが数多くあります。

ただしセサミンはとても希少価値の高い成分です。
なぜなら、一番多く含まれるゴマでさえ、多くてもゴマの栄養素のわずか0.4パーセントしか含まれていないからです。
1日にセサミンを摂取するといいという量は、8ミリグラムから10ミリグラムとされています。
それをゴマでとろうとすると、1日3000粒になります。
これは、小さじ30杯分に相当します。これだけの量を1日の食事で摂取するのは難しいと思います。

また体にいいものでも、過剰に撮り過ぎると心配になるのは危険性です。
その点セサミンは、今のところ過剰摂取による危険性などの報告はないと言われています。

ただしセサミンを摂取する為には、ゴマをかなりの量食べなくてはいけません。
ゴマの成分の半分は、脂質です。
脂質の中でも良質な資質ではありますが、とり過ぎてしまえば脂肪へと変わってしまいます。
危険性とまでは言いませんが、ゴマにはたくさんの栄養素が含まれています。
同時にセサミン以外の物も吸収してしまう、ということも忘れてはいけません。

そう考えるとセサミンだけを効率よくとる為には、サプリメントが効率的です。
サプリメントに使われるセサミンのほとんどが、天然のゴマから抽出している為安心して摂取できます。
ビタミン類のサプリメント等は、過剰に摂取したり、薬を常用している場合には注意が必要です。
セサミンはそのような危険性の報告はないですが、なんでも摂り過ぎはよくありません。食べ過ぎるとお腹を壊すのと一緒です。
セサミンの多くは、ビタミンE等他の成分と一緒になっているサプリメントが多くあります。
これらも、よりセサミンを吸収しやすく相性のいい成分になります。
摂取の目安量を守って、きちんと飲み続けると良いでしょう。
ただし、飲んですぐ実感できると言うわけではなく、毎日飲み続けることが大事です。

危険性の心配がないのであれば、セサミンは毎日でもとりたい栄養素の一つですね。