セサミンのちから☆働きから賢く選ぶ☆

目的別に製品を選んで健康パワーを実感しよう!

セサミン.name
open3

必読

セサミンの働きや危険性など、飲む前に知っておきたいことを掲載しています。私の自己紹介や家族構成も記載しています。

open2

バランスが良い

家の大人組全員に好評だったのがこれです。 今でも基本的にこれを皆で愛飲しています。バランスが取れていて信頼できる製品ですね。

open1

若々しさ

若々しさを保ちたい方に家では特に高齢組(70代)が 気に入った製品です。毎日はつらつと過ごしたい方にオススメです。

open4

生活習慣

生活習慣が気になる方へこれからの生活習慣に備えたい中年組(40代)が、対策にピッタリと感じたのがこれ。仕事・勉強を 頑張りたい方にも。

画像

  • 大
  • 中
  • 小

セサミンの特徴

最近よく耳にするセサミンって、どんなものかご存知ですか?
特に最近では、セサミンのサプリメントが注目されています。

サプリメントになるぐらいですから、きっと体にいいものだといえます。
セサミンがなぜここまで注目されているのか、セサミンの特徴について考えてみたいと思います。

セサミンという成分が含まれている食べ物として、一番最初に思い浮かぶのはゴマです。
実はゴマ以外にも、お米や麦にもセサミンは含まれています。
でもあまりお米や麦にセサミンが含まれていると知っている人は、少ないと思います。
なぜならお米や麦は、収穫された時にはセサミンが含まれています。
しかし、精米された時にセサミンのほとんどの部分が無くなってしまいます。
だから米や麦を取り入れても、同時にセサミンを取り入れることは難しいのです。
よってセサミンを摂取しようとするなら、ゴマが一番というわけです。

しかしそのゴマですら、セサミンが含まれているのが0.4パーセントという希少価値のある成分です。
1日にセサミンを摂取すると良いとされている量は、8mg~10mgと言われています。
なのでそれだけのセサミンをとる為には、ゴマを1日3000粒とらなくてはいけません。

ゴマは、硬い皮があるのでセサミンを失うこともありません。
しかしそれが逆に、しっかり噛まなくてはセサミンが体内に吸収されません。
よってそのまま身体から、排出されてしまうというデメリットもあります。

セサミンは、酸化しにくいゴマ油の研究からその働きが解明された成分で、私たちの健康、美容に良い働きをするのが特徴です。
若々しさを維持し、いつまでもアクティブにいたいという人には重要な成分です。
この働きは、もともと身体の中にある成分ですが、年齢とともに減少してしまいます。
だからこそ、食べ物やサプリメントを使って摂取したい栄養素の一つといえます。
今はゴマのなかのわずかなセサミンだけを抽出し、わずが数粒のサプリメントで1日分のセサミンをとることができます。
いくつになっても、元気な人生を送るためにも、セサミンは摂取したい栄養素です。