セサミンのちから☆働きから賢く選ぶ☆

目的別に製品を選んで健康パワーを実感しよう!

セサミン.name
open3

必読

セサミンの働きや危険性など、飲む前に知っておきたいことを掲載しています。私の自己紹介や家族構成も記載しています。

open2

バランスが良い

家の大人組全員に好評だったのがこれです。 今でも基本的にこれを皆で愛飲しています。バランスが取れていて信頼できる製品ですね。

open1

若々しさ

若々しさを保ちたい方に家では特に高齢組(70代)が 気に入った製品です。毎日はつらつと過ごしたい方にオススメです。

open4

生活習慣

生活習慣が気になる方へこれからの生活習慣に備えたい中年組(40代)が、対策にピッタリと感じたのがこれ。仕事・勉強を頑張りたい方にも。

画像

  • 大
  • 中
  • 小

ゴマに含まれる栄養

ゴマは、古く昔からとても豊富な栄養素があると知られ、重宝されてきました。
特に中国では、神様や仙人が愛用していて、長寿の食品として扱われていたほどです。
日本においてもそれは同じで、精進料理を食べていた僧侶たちにとって、ゴマは栄養源として重宝されていました。

現在においては、ゴマの成分も明らかになり、より身体によい食品の一つとして考えられています。
ゴマには様々の種類があります。
白ゴマ・黒ゴマ・金ゴマ等ありますが、どれを摂取しても栄養素はほとんどかわりがありません。
どのような栄養素があるかというと、脂質、たんぱく質、カルシウム、鉄分、セサミンなどが含まれています。

脂質に関しては、ゴマの50パーセントを占めています。
一見、脂質は身体に悪いのではと思いがちです。
でもゴマに含まれる脂質は、オレイン酸が多く含まれています。
オレイン酸は身体に良い働きを持っているのが特徴です。

たんぱく質においては、ゴマの20パーセントを占めます。
たんぱく質の種類も、アミノ酸のバランスがとてもいいことが特徴です。
中でも、メチオニンやトリプトファンが多く含まれています。
メチオニンもトリプトファンも、必須アミノ酸として、なくてはならない大切な栄養素です。

カルシウムは、牛乳の10倍も摂取することができます。
鉄分に関しても、ほうれん草の5倍の栄養素があるとされています。

中でも特徴的な栄養素は、何といってもセサミンです。
セサミンは、ゴマの栄養素の中で、約1%ほどを占める貴重な成分で、若々しさや年齢に負けない美しさを応援する成分として近年注目を集めています。
健康や生活習慣が気になる中高年や、美容が気になる女性まで、男女問わず幅広い年齢層に人気があります。

このようにゴマは色んな栄養素が含まれ、体にいいものとして認識されています。