セサミンのちから☆働きから賢く選ぶ☆

目的別に製品を選んで健康パワーを実感しよう!

セサミン.name
open3

必読

セサミンの働きや危険性など、飲む前に知っておきたいことを掲載しています。私の自己紹介や家族構成も記載しています。

open2

バランスが良い

家の大人組全員に好評だったのがこれです。 今でも基本的にこれを皆で愛飲しています。バランスが取れていて信頼できる製品ですね。

open1

若々しさ

若々しさを保ちたい方に家では特に高齢組(70代)が 気に入った製品です。毎日はつらつと過ごしたい方にオススメです。

open4

生活習慣

生活習慣が気になる方へこれからの生活習慣に備えたい中年組(40代)が、対策にピッタリと感じたのがこれ。仕事・勉強を頑張りたい方にも。

画像

  • 大
  • 中
  • 小

セサミンに含まれるカロリー

セサミンといって思い浮かぶ食品は、ゴマですよね。
セサミンをとるためにゴマを料理などでとりいれようとすると、気になるのがカロリーです。
ゴマは昔から、高たんぱくで栄養価が高い成分が含まれていると知られていました。
なのでゴマを食べれるのは、朝廷や大名などの上層階級の人しか食べれない貴重な食品でした。

実際どれだけのカロリーがあるかというと、ゴマ100グラムに対して599キロカロリーにもなります。
カロリーとしては、かなり高い食品です。
なぜここまでカロリーが高いかというと、ゴマの主な成分は脂肪になります。
およそゴマの50パーセントが脂肪でできています。
なので手でゴマをつぶすと、指先が脂っぽく感じるのはそのためです。
次に20パーセントが、たんぱく質になります。
なので過剰に摂取しすぎると、カロリーオーバーになりやすいです。

セサミンを1日摂取量は8~10mgが理想です。
これをゴマで摂取しようと思うと、1日3000粒食べなければいけません。
これだけの量になるのは、セサミンがゴマの0.3~0.4パーセントしか含まれていないからです。
この量は、毎日の料理でとりいれるのは少し大変です。

ですがゴマには、たんぱく質、カルシウム、食物繊維などの栄養素が豊富なので取り入れたい食品です。
バランスもいい食品ですが、カロリーも高くなってしまいます。
またゴマは、硬い皮で包まれているので吸収しにくくなっています。
せっかく摂取しても吸収されないまま、体の外に排出されてしまいます。
ゴマでセサミンをとるなら、すりつぶすことがおすすめです。

いろんな要素ではなく、セサミンだけを取り入れたいと思うのであれば、サプリメントが効率的です。
ゴマからセサミンだけを抽出して作られているので、効率よくセサミンだけをとりいれられます。
なので、ゴマに含まれる脂質やたんぱく質など高カロリーにつながるものは摂取しなくて済みます。

サプリメントで、1日必要なセサミンを摂取した場合、10キロカロリー未満で抑えることができます。
カロリーが気になる方は、サプリメントなら低カロリーで1日分のセサミンを撮ることができるのでお勧めです。